相続税を抑えることも含めて税理士に相続相談することのメリットについて説明します。まず、自己申告、手続きする場合に比べて、時間を大幅に削減することができます。相続税の申告に関わる書類の作成、整理などは専門家である税理士でも膨大な時間を要することがあり、とても素人では解決できるものではありません。また、相続した財産は売値とは全くことなる相続税法上の価値で評価されますが、税理士は適正な財産評価額を算出することができ、相続税を抑えることにもつながります。

所得税などでも余分に納めた税金は還付金として取り戻すことができますが、それには期限があり払い過ぎていても期限が過ぎれば取り戻すことはできません。複雑な相続税では納付した税額が適正であるかどうかについてもよくわからないため、個人では払い過ぎに気づかない場合もあります。また、誤って申告漏れがあった際には、ペナルティーが加算された追徴課税が発生します

税理士に相談すれば、適切な相続税額を算出してくれるので、過不足なく納付することで節税対策となることもあるでしょう。さらに、税理士は、配偶者の税額軽減や広大地の適用など、素人が知り得ないさまざまな特例措置や優遇措置を知っているため、アドバイスによって大きく節税することもできます。このように相続税を抑えるためには税理士への相談が一番と言えるでしょう。


関連記事

  1. 相続税に関する相続相談について
  2. 相続税を抑える方法とは

 

相続税を抑えるには、「相続する財産を減らす」「財産の評価額を下げる」「特例制度などを活用する」という3つの方法があります。相続する財産を減らすには、生前贈与の制度を活用して、毎年少しずつ贈与すれば相続税を抑えることができます。年間1人当たり110万円までは贈与税がかからないため子どもや孫など多くの人数に何度も繰り返し贈与すれば、結果的に相続する財産の額を少なくすることができます。

アパート次に、時価より低く評価されることが一般的な不動産によって財産評価額を下げることが可能です。また、相続税の節税対策にアパートの賃貸経営をする方が多くいますが、これは現金を使ってアパートを建築すると評価額が現金よりも下がることを活用したものです。

相続に関しては、さまざまな特例措置や優遇制度があり、それらを賢く活用することによって節税対策をすることができます。生命保険の非課税枠の活用や法定相続人の人数を増やすこと、配偶者の税額軽減を活用したり、非課税財産を購入したりすることによっても相続税を抑えることが可能です。このように大きく3つの節税対策の方法がありますが、いずれにしても専門的な知識や豊富な経験が必要となるため、税金のプロである税理士へ相続相談をするといいでしょう。


関連記事

  1. 相続税に関する相続相談について
  2. 相続相談を税理士にするメリットとは

相談所得税や住民税など全ての税金が給料天引きとなっている方は、自分で申告して税金を納めたことがないというのがほとんどでしょう。しかし、急に身内が亡くなった際に申告が必要となる相続税は全く別物であるため、自ら申告、納付しなければなりません。相続税は、親などの被相続人が亡くなった後に、法定相続人となった人に課せられる税金です。所得税に基礎控除があるように、相続税でも財産の評価額が基礎控除内に収まれば、相続税を申告、納付する必要はありません。

また、基礎控除を超える際であっても配偶者の税額軽減などの特例措置があるため、申告することで相続税を納付しなくて済む場合もあります。しかし、このような相続税の複雑なルールなどに精通しているという方はなかなかいないでしょう。

相続税の税率などについては毎年のように改正が行われており、専門家でなければなかなか太刀打ちできるものではありません。なるべく相続税を抑えるためには、専門家への相続相談によって節税対策をすることが必要となります。財産相続に関して知識や経験がないことが諸手続きの期限を破ってもいい理由にはならないため、相続が生じた際には早めに相談しなくてはなりません。

弁護士や司法書士、会計士など専門職にはいろいろありますが、なるべく納付する税金を抑えたいというのであれば、税金の専門家である税理士への相談が最もおすすめと言えます。そこで、税理士へ相談することのメリットや相続税を抑える方法について説明します。


関連記事

  1. 相続税を抑える方法とは
  2. 相続相談を税理士にするメリットとは