相続税を抑えることも含めて税理士に相続相談することのメリットについて説明します。まず、自己申告、手続きする場合に比べて、時間を大幅に削減することができます。相続税の申告に関わる書類の作成、整理などは専門家である税理士でも膨大な時間を要することがあり、とても素人では解決できるものではありません。また、相続した財産は売値とは全くことなる相続税法上の価値で評価されますが、税理士は適正な財産評価額を算出することができ、相続税を抑えることにもつながります。

所得税などでも余分に納めた税金は還付金として取り戻すことができますが、それには期限があり払い過ぎていても期限が過ぎれば取り戻すことはできません。複雑な相続税では納付した税額が適正であるかどうかについてもよくわからないため、個人では払い過ぎに気づかない場合もあります。また、誤って申告漏れがあった際には、ペナルティーが加算された追徴課税が発生します

税理士に相談すれば、適切な相続税額を算出してくれるので、過不足なく納付することで節税対策となることもあるでしょう。さらに、税理士は、配偶者の税額軽減や広大地の適用など、素人が知り得ないさまざまな特例措置や優遇措置を知っているため、アドバイスによって大きく節税することもできます。このように相続税を抑えるためには税理士への相談が一番と言えるでしょう。


関連記事

  1. 相続税に関する相続相談について
  2. 相続税を抑える方法とは