相続税を抑えるには、「相続する財産を減らす」「財産の評価額を下げる」「特例制度などを活用する」という3つの方法があります。相続する財産を減らすには、生前贈与の制度を活用して、毎年少しずつ贈与すれば相続税を抑えることができます。年間1人当たり110万円までは贈与税がかからないため子どもや孫など多くの人数に何度も繰り返し贈与すれば、結果的に相続する財産の額を少なくすることができます。

アパート次に、時価より低く評価されることが一般的な不動産によって財産評価額を下げることが可能です。また、相続税の節税対策にアパートの賃貸経営をする方が多くいますが、これは現金を使ってアパートを建築すると評価額が現金よりも下がることを活用したものです。

相続に関しては、さまざまな特例措置や優遇制度があり、それらを賢く活用することによって節税対策をすることができます。生命保険の非課税枠の活用や法定相続人の人数を増やすこと、配偶者の税額軽減を活用したり、非課税財産を購入したりすることによっても相続税を抑えることが可能です。このように大きく3つの節税対策の方法がありますが、いずれにしても専門的な知識や豊富な経験が必要となるため、税金のプロである税理士へ相続相談をするといいでしょう。


関連記事

  1. 相続税に関する相続相談について
  2. 相続相談を税理士にするメリットとは